野田聖子議員の息子さんの現在は?高齢出産に踏み切った野田聖子さんについて密教宿曜占いで性格を見てみる

先日こんなニュースが挙げられました。議員の野田聖子さんの息子さんが

心臓手術のはずだったけどエコー検査でNG判定がでた。

少し考えると野田聖子さんの息子さんは

心臓手術に耐えれないほど弱っている

と受け取ることができます。野田聖子さんといえば2011年に第三者から卵子、そして旦那さんから精子で妊娠をしています。詳しくは分かりませんが体外妊娠というやつでしょうか。当時の年齢が50代での出産となりました。

確か当時のヤフコメの反応は

高齢出産で野田聖子さんが亡くなろうが関係ないが子供もあぶなくなるだろ!

とか

若いころやりたいことやって、最後は子供が欲しいからって人工妊娠って

こういう意見ばかりで応援するコメントは少なかったように思えます。また出産をしてからも、野田聖子さんの息子さんは体が弱かったので

ほれみたことか!自分の道楽に子供を犠牲にしたんだ

こういうコメントが多かったですね。そして今回ですがコメントは違いますね。

応援しています

こういうコメントが上位を占めています。ただもしも論にはなりますが、もし、高齢出産でなければと思うのも気持ちは分かります。だって息子さんが病気でない将来があったんですからね。まあもしも論ですけど。それだけ科学が発達しても危険な行為であることは十分にお医者さんに説明はされているのでしょう、そしてカウンセリングを経て続行!!となったのでしょう。そこには野田聖子さんの性格の根本的な部分が関わってきていると思いますので、密教宿曜占いでみてみましょう。野田聖子さんのプロフより野田聖子さんの密教宿曜占いの分類は

軽躁宿に属する虚宿で星禽は鼠

この時点でですが、野田聖子さんは運命的には政治家に向いています。しかし、本人が政治家をやりたかったというとNOだと思いますね。今かなりの何とか大臣などの経験されていますが、どれもこれも野田聖子さんが望むものではなく周囲が期待する流れにそのまま乗っかっているという感じでしょうか。野田聖子さん自体にのし上がろうとかそういう気持ちはありません。今も任されたからやってるにすぎないのです。

さて子供の問題ですが、野田聖子さんの実家は実は跡取りがおらず、野田家の祖父がややこしい縁組をしています。そして野田聖子さん自身は

跡取り娘です

と皮肉交じりに言ってますね。これも実は密教宿曜占いの虚宿の性質で説明できます。要は

流されている

これにつきます。本来、いい意味でつかわれる引き立て運ですが、野田聖子さんの場合この虚宿の強い引き立て運が利用されていて、野田聖子さん自身が操り人形になっていると思います。そのそも器として、星禽はネズミと言えども、その能力は頼りたくなるものです。特に跡取り関係にはこの野田聖子さんの宿曜は適しており、ちゃんと貯め、ちゃんと使うべきところにお金を使う性質があります。なので自然と引き立てられるのです。ただそれが自分の意志かどうかは考えどころですね。野田聖子さんはたくさん悩まれたと思いますね。

少し考えられるのは超高齢出産を強引に決行したのですが、それももしかしたら周囲、というか実家の期待というのが、心に影響していたのでしょう。

子供という存在に自分の全てを託した野田聖子さん

さて、不妊治療を何十回と行った末に子供を授かり、障害があると分かってるのに産んだ野田聖子さん。この辺は男性には分からないし、もっといえば小泉進次郎さんと滝川クリステルさんみたいにでき婚で子供を授かった人には分からない悩みかもしれません。しかし密教宿曜の性質で少し仮説がたてれます。それは

子供を産むということが野田聖子さんの自我の解放だった

何というかかっこよく書きましたが、言いたいのは今まで引き立て運で波風立てずに生きてきた野田聖子さん、結婚、そして離婚をして自分は何をしたいのかを考え始めたのではないでしょうか。そう考えると最初の離婚は野田聖子さんにとって必要な出来事だったのかもしれません。

つまり、自分の人生に疑問を持ち始めた野田聖子さんの人生の目標は子供を育てること

に野田聖子さんの心で決まったのかもしれません。ただですが、そこは幼いころからの教育でしょうか、一族の跡取りという呪縛からは逃れていないのが社会で生きる人間の悲しいところです。

上記のことで、実は野田聖子さん自身、子供を産み、子供を育てた。この時点で

野田聖子さんは幸せなんですね。

だって初めて自分で決めて自分で行ったことですから。これに対して第三者がどうこう言われても仕方ないですし、子育ての中で子供さんもしっかりと愛情を受けていると思います。だから不幸だと思ってるのは記事を読んで悪口を言う人だけなんですね。

それでいいんです。

ただ苦言を言わしてもらうならば、なぜ子供の世話に集中するために議員を辞職しなかったのかは私には理解はできません。おおよそ、野田聖子さん自身、達成感がすべてで、結局のところ、このまま命がつきるまで誰かの川に流され続ける運命なんでしょうね。

これもまあ虚宿らしい運命です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です