見えない汗かき地蔵さんに気づきましょう

先日こんなボランティアに行ってきました。それは

傾聴ボランティア

私は、少し精神病の薬を飲まれている人のお話を聞く人になります。傾聴ですが、完全に患者さんが

そりゃあんたが悪いでしょ

と言いたくなる場合でも

うですね、つらかったですね、そうですね、そのとき苦しいと思ったのですね

とあくまでその人の感情整理を手伝うという感じです。今まで10人ほど会って傾聴をさせてもらったのですが、誰もかれも

自分が一人で生きていると思ってますね

要は自分はできるから私がしっかりしないといけないと思いつつも、実際のところ、その人にはそこまでできる器がないために、器がオーバーフロウしてしまって精神病になってるんですね。まあでも

あんたは人の相談を受け取れる器の大きさではない

なんて言えませんしね笑

さて話は変わりますが、全国にはいろんなお地蔵さんがおられます。いいところのお堂に入ったお地蔵さん、逆に道端に風化しかかってるお地蔵さん。私が好きなのは汗かき地蔵さんですね。亡くなった母親の故郷の三重にもあり、そこの婆様からこんな話を聞きました。

汗かき地蔵さんはみんなの罪をかぶって地獄で苦しんでおられる、だから汗をかいてるんだよ、ありがたいね、おはぎ持ってきて休憩してもらおうね

非常にこう優しい教えをくださったと今でも私は思ってます。この話を傾聴の方々に伝えたいんですよね。でも自分の意見を言うのは傾聴ではないのでできませんけど。

私の後頭部っていわゆる絶壁です。これに気が付いたというか指摘されたのは中学生のころ、

お前は兄弟が2人の下だから赤ちゃんのころほっとかれて寝かされてたから頭が絶壁になったんだよ

こうちゃかされました。このことを20歳ごろでしょうか、先ほどの三重のばあちゃんが入院したので病室でおばあちゃんにすると

あんたのお父さんは仕事しながらあんたの学校のPTAの会長もやりょうた、あんたのお母さんは小学校の教師しながら家事をして忙しかった。お父さんもお母さんもあんたのことで一生懸命だったんだからそんな恨み節いったらあかんよ。

考えてみればそうです。私は一度も親に対して不満を思ったことがないほど、素晴らしい両親です。その親が子供を抱き上げる時間もないほど忙しくしてたのは、すべて私のためですものね。それ以来、私は後頭部の絶壁が好きになりました。

やっぱり人って何かされたらうれしいんです、サプライズのプレゼントもいいですよね。子供にお父さんの絵を描いてきたよなんて言われた日は舞い上がりそうです。だって子供が一生懸命自分のことを思って描いてくれるんですもんね。どんな辛い仕事があっても、ニコッとしちゃいます。

みなさん、みなさんには気が付いていない汗かき地蔵さんはたくさんいます。あなたが知らないところでかばってくれたり、援護してくれてる人は必ずいます。私は自分自身は器が小さいので人のためにがんばる汗かき地蔵にはなれるとは思ってませんが、それでも私のために苦しい汗を流す人にせめて ありがとう という気持ちだけはなくさないようにしています。

あなたのまわりの汗かき地蔵さんはおられますか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です