母親になりたくて・・・長野智子さんのインタビューを読んで

こういうインタビューがyahooにありましたのでぜひ読んでください

長野智子さんのインタビュー、母親になりたくて

記事はキャスターをされている長野智子さんのお話。要約しますと

・昔はコンプレックスの塊だったけど、ひょんな出来事からコンプレックスは解消できることに気が付く

・ただその中で子供ができないことがあり、それがコンプレックスになっていた。

・そしてこのコンプレックスもひょんな言葉から自分の中で受け入れられた。

という話ですね。その中でこうも言っています。

コンプレックスは克服可能と不可能がある

そうですね。確かにそうです。私も未だにアパート暮らしなのですが友人が家を建てるたびに

いいな~あいつは、親に土地貰って

こう思うんですね。家ってほぼ土地代なのでね、羨ましく思ってました。でも最近はどうも思いませんね。だって一生そこに住まないといけないと思うと、息苦しいですからね。

長野智子さんもそうですけど、こういうのを

腑に落ちる

というんですね。この腑というのが知られてるようで実は知られてません。腑というのは内臓をさます。昔は、この内臓に心が宿ると言われていましたので、腑に落ちるというのは、心の底に染みつくという感じですね。逆に

この腑抜けが

は心がこもってない、情熱がないという意味になるのは想像できます。

コンプレックスの話に戻しますが、人に

お前、そんなことコンプレックスに感じてるのかよ そんなの誰も気にしてないよ

なぁ~んて言われても、自分が腑に堕ちなけば、コンプレックスは取れません。例えばですが有名人がよく自分の顔にコンプレックスがあるというコメントをよく聞きます。芸能人なので正直美人レベルを振り切ってるのですが、それでもコンプレックスを感じるのは人の欲を感じさせます。

私はコンプレックスを考えたことがあるのですが一つ自分の中でコンプレックスについて腑に落ちた考えに行きつきました。それは

人と比べるよりも自分に自信を持つ

です。要は人は人。ですね。少々人の目を気にしすぎなんですよね。いつも周りをチラ見するから人のが欲しくなる。ホリエモンやZOZOの前澤さんもそうですが。ああいう人の強みって自分に自信があるわけです。ホリエモンに至っては

バカにはかまうな

的な本も出してますしね笑 でもホリエモンや前澤さんって実際お金を持ち始めたら、こういうこと言い出したのかと言えばそうではなく、昔からこういう感じなんですよね。ホリエモンは東大を中退までしてますし。普通の人なら親や親戚の目を気にして、一応卒業すると思いますが、ホリエモンは勝算はあったにしろ、自分に自信を持ってたわけですね。

人の幸せか不幸かを決めるのは何だと思いますか?

それはお金ではなく、自分です。いいですか。お金は大事だけどお金なんです。幸せ引換券ではありません。なぜならお金=幸せならばこの世には先進国しか幸せな人はいないのか?ということになります。海外のスラムには幸せはないのかといえばそうではないですよね。それに幸せな先進国にも自殺はしっかりあります。もっと言えば

私たち、一人一人って徳川家康よりもいいご飯食べて、東京から大阪まで3時間

なんですよね。地方の大名は幾日もかけて江戸に向かってましたもんね。それに江戸前寿司とかいいますが、今はどこでもスシローはあり、サーモンなんか海外産なので天皇も食べれませんでしたよね。そう

昔の人と比べたら幸せ

なんです。そしてもっと飛躍すると

未来人からしたら私たちはかわいそう

なんですね。もし未来、車も渋滞なしに空を飛び、かちゃっとするだけの翻訳ツールで世界中の人としゃべれて、モテない人は人間と変わりないロボットの恋人がいて、異星間旅行もあっという間とう時代が来たら、今のビルゲイツをみても

不幸の極み

と思うでしょうね。そう、人と比べるとコンプレックスから離れれないんですね。常に不幸がついてきます。それを断ち切るのは

白色白光 赤色赤光

なんです。白が白に光るのが悟りの世界。赤が赤に光るのも悟りの世界。白が赤に光ろうとするからコンプレックスが生まれるわけですね。ただ先日、飲み屋でこの話になったとき、知人に言われたのが

ビルゲイツより幸せだって思うことを見つければいい

です。なるほどな~と思ったのですが、それでも対比は対比だな~と苦笑いをしました。

みなさん、コンプレックスはありますか?それは人との比較ならまずは鏡で自分の心の幸せをみてみましょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です