私の密教宿曜占いの勉強方法

先日、たかしお様よりコメントをいただき

・宿曜と密教宿曜占いの違いについて

・おすすめの密教宿曜占いの本を教えて

とのことです。

・宿曜と密教宿曜占いの違いについて

これは厳密に言われると違うかもしれませんが、私は同じものと思っています。なぜなら密教宿曜占いは宿曜占いの正式名称という感じで私がとらえているからですね。密教宿曜占いは唐の時代に弘法大師空海様から持ち帰られた経典の一つでございます。なので

真言宗

が始まりとなりますね。(まあ空海はこの密教宿曜占いを持ち帰っただけで習得は・・・ですが)真言宗は他宗と比べ自らの宗派を密教というくくりにしています。(天台宗も密教ですね)ゆえに正式名称は密教をつけているそんな感じです。ちなみに密教宿曜占いが書かれた経典は

文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経

ですね。簡単に言うと

智慧第一の文殊さんがいいかどうか見てくれまっせ

という感じでしょうか。まあでもこれっておおよそですが中国の古来ものを唐の時に流行ってた密教と混ぜたという感じはします。そもそも、仏教にはいい日も悪い日もありません。また占いのよう現世利益の最高峰をお経に書くとは思いません。仏教なら

日日是好日

でしょうか。意味は いつも最高の一日なんやで です。なので私はいつもこの宿曜は運勢はいいけど、こういうところはだめで~この宿曜はこういう人の話も聞かずつっぱしるけど、それが表現できる力をもつ など、必ず一長一短の様に書いています。こういう傾向がありますという感じにしかとどめていません。よく分からなくなりましたが

日本に招来したのは空海さんなので密教をつけているだけ

です。ちなみに宿曜占星術とかも言われますがこれも同類ではないかと思ってます。

・おすすめの密教宿曜占いの本

私が現在、主に使ってたのは、以前、京都の天台宗のかたの講座にでていまして、そこで紹介されてた

結構なお値段の本

を基本使っています。まあ私、理系に所属していましたので、専門書って高いのはしょうがないですが、しばらくお昼ご飯はおにぎりにしてました笑ただなぜそれが使えるかというならば、市販の密教宿曜の本もそれなりに読んでいたからですね。それでは画像付きで紹介します。まずは

密教宿曜占星術: 36種の星獣が、あなたの運を拓く

いろんな方が密教宿曜占いの本を出していますが、この羽田さんは本物の密教僧です。他の方の書物よりも客観的な感じであり、また 俗 っぽい言いまわしではないので、

これは一つの学問なんだな

というのが分かります。それだけでも素晴らしい本ですね。ただこれだと固くなりすぎてるので

本流宿曜占星術

この作者の方は何やらお師匠さんに伝授してもらったと書かれていますが、正直そんなのどうでもいいですよね。本流やら亜流でもいいし、師匠が誰でもいいのですが、ただ内容は密教宿曜占いの本の中で一番 俗 っぽくないです。最初きついこと書きましたが、一番最初に、暗記をした本なので、私のこの密教宿曜占いのブログの言い回しはこの本からでていることも多いです。(無意識)

とりあえずこの二冊はお勧めしときます。あとの市販のは・・・ちょっとって感じですね。同じようなことです。この二冊を読み込んで何回か密教宿曜占いの講座にでれば知識はつきます。あとは精度を上げるなら、よく宿曜占いをしてみることですね。すると身近な嫌な人などの癖が蚊ならず密教宿曜占いで説明がつくようになります。そこで

ああ、この人がこんな感じなのは前世からの因縁なんだな

と思うことができます。そして嫁さん、旦那さんの嫌なとこも少し受け入れれることができるようになりますのでぜひ興味があるかたはやってみてください。

1件のコメント

  1. こんにちは。教えて頂きありがとございました。
    興味深く読ませて頂きました。おすすめの本は早速購入してみます!
    とりあえず私の周囲の人達(まずは家族かな)に宿曜を当てはめて
    今後に役立てればと感じています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です