映画空母いぶきで佐藤浩市様大炎上 性格人格占い

先日、映画空母いぶきの実写で佐藤浩市さんがやららかしましたね。まさか安倍総理を堕とすような発言をし、そのまま安倍総理と同じ病気の方々を敵に回しました。それだけで収まらず、今後の俳優活動にかなり制約がかかった模様です。さらにそのあとの舞台あいさつでは炎上したので欠席という逃げをかましました。これで少し収まるかと言えば百田尚樹さんに責められ、そしてラサール石井さんが援護し、同時にホリエモンに糾弾されたり、これを炎上と言わずになんというか状態です。まあでも逃げるのは・・・心情は分かりますがね。それではそんな佐藤浩市さんを密教宿曜占いでどんな人なのか予想しましょう。公式プロフより佐藤浩市さんの密教宿曜は

安重宿に属する 翼宿 で星金は蛇

そうですね。なるほど。確かにぴったりだ。

この佐藤浩市さんの密教宿曜は真面目で寡黙、そして淡々と物事をこなすというイメージが私には強いです。確かに佐藤浩市さんもそういうイメージがありますね。今回の安倍総理での炎上が初めての炎上だと思いますし。

若いころ

佐藤浩市さんの出自は難しいです。お父さんはあの釣りバカの三国廉太郎さんです。なので経済的には不自由はないと思われますが、子供のころに離婚で三国廉太郎さん離れ、お母さんとくらすようになります。お母さんはいわゆる水商売で、男を作り同棲を始めるのですが、それに耐えられないさ佐藤浩市さんは家を17歳で飛び出し今に至ります。ここに佐藤浩市さんの密教宿曜の性質がでてくるのですが、佐藤浩市さんの宿曜は

外への意識が強い。さらに急所へ一撃の攻撃性を持ちます。

もしかしたら母親が男を作って、その男性が最悪と思ってるのなら少し待ってください。もしかしたらこの佐藤浩市さんのお母さんと同棲を始めた男の方、佐藤浩市さんに優しかったかもしれません。でもそういう攻撃性をもつ佐藤浩市さんですので、反抗をしてた可能性が強いです。そして外へ出ていった。この可能性も無きにしにあらず。なんというかこの佐藤浩市さんの宿曜、ピンポイントでほんと痛いところを突くので嫌われる人にはほんと嫌われます。

安倍総理への口撃

安倍総理へのあの攻撃、もっというなら監督と協力してなかったキャラを作り出したのも、私は佐藤浩市さんの提言で間違いないと思います。だってそういう性格人格ですもの。悪気はないとは絶対に言えません。だって毒蛇というのはここぞのタイミングで毒を使いますからね。なので今回の安倍総理叩きというのは佐藤浩市さんの唯一の悪いとこをピンポイントで逆にかまれたような形になります。そのほかは特に悪い部分は少ないんですよねこの宿曜。因果応報を体現してしまいましたね。ちなみに私のこの佐藤浩市さんの翼宿のメモには

翼宿が属する獅子宮は人を攻撃するのが好きで、また口でも攻撃も楽しみます。その口撃でのかわいがりはよろしいのですが、度が過ぎますと嫌われますので気を付けましょう。

と書いてあります。まさにこの通り笑

最近、人を気づ付けるような形で笑いをとろうという人が多いです。先日の藤崎マーケットもそうです(彼らは被害者かもしれませんが)今回の佐藤浩市さんも安倍総理をおとそうとして自分に火がつき、晩年をにごしました。ぜひ翼宿は大御所になれる器を持ってる宿曜なので、しっかりと内面も磨いていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です